腰痛改善|効果的なストレッチとその他7つの方法とは?

自分の腰痛はもう直らない!と諦めていませんか?最近ではレーザーを使用した最新の治療法を受ける方も徐々に増えてきているようですが、保険適用外なので全額自己負担という事でまだまだ高額です!手術という道もありますが腰痛が100%改善するという保証はありません。まずは簡単に出来て効果的なストレッチを試してみてはいかがでしょうか?

*

腰痛改善に対する間違った方法とは?

腰痛改善に悩む女性

腰痛改善に悩む女性

もし、あなたが現在以下のような事をやっているという場合は、一時的にでもよいのでいったん止めて、再度検討し直してみてはいかがでしょうか?

 

1.ロキソニンやボルタレンなどの痛み止めを飲んでいる

2.マッサージや整体などに通っている

3.運動をして腹筋を鍛えたり腰痛体操と言われるものをやっている

4.整形外科で牽引療法を受けている

5.痛み止めのブロック注射を打ってもらっている

 

上記のような事を行った結果、腰痛は劇的に改善、又は完治しましたか?

なかには、逆に悪化してきたという人もいらっしゃるのではないでしょうか?

多くのお金と時間をかけてきたのに、あまり改善は見られない、或いは逆に悪化するようではもともこもありませんよね?

 

では、一つずつ見ていきましょう。

 

1.ロキソニンやボルタレンなどの痛み止めを飲んでいる

ロキソニンを飲んでいるという方は、かなりいらっしゃると思います。

 

しかし、その使用法を間違えたり胃腸の弱い人が服用してしまうと、深刻な副作用を引き起こしてしまう場合もありますので、ロキソニンやボルタレンなどを服用する場合は、十分な注意が必要です。

 

→ ロキソニンの弊害について

 

2.マッサージや整体などに通っている

私自身も以前腰痛で辛い時に出張マッサージや整体をお願いしていたことがあります。

 

整体などをやってもらった直後はある程度は楽になるのですが、暫くするとまたひどい腰痛に苦しめられるので、また整体をお願いするという事の繰り返しでした。

 

最終的にはあまり改善が見られなかったため止めてしまったのですが、この整体についても注意が必要なようです!

 

というのも、この整体師と呼ばれている人たちは、医療従事者のような国家資格を持っているわけではなく、数か月程度の通信教育を受け、企業や団体が独自で発行しているもので仕事をしているため、かなりのバラツキがありそうです。

 

→ 腰痛と整体について

 

3.運動をして腹筋を鍛えたり腰痛体操と言われるものをやっている

「腹筋を鍛えると腰痛が良くなる!」、「普段から運動をしていると腰痛にならない!」などと言った話を聞かれた人も多いと思いますが、何も考えずにやってしまい、逆に腰痛を悪化させてしまった!という人が結構多いそうなので、運動についても注意が必要なようです。

 

→ 腰痛時の運動について

 

4.整形外科で牽引療法を受けている

牽引療法については、お医者さんへ行って必要な検査をしてもらってから行うものですから、当然安心して受けるものですよね?

 

私自身も以前整形外科のある病院へ3ヶ月ほど通ったことがあるのですが、あまり改善したという実感が得られなかったので結局止めてしまいました。

 

もっと長期間通えば良くなったかもしれないのですが、強制的な負荷を腰にかけるため、症状によってはすぐに止めた方が良い場合もあるそうなので、病院だからといって100%信用してしまうのもいかがなものでしょうか?

 

→ 牽引療法について

 

5.痛み止めのブロック注射を打ってもらっている

スポーツ選手が一時的に痛みを抑えて試合に出場する場合や、激痛に耐えられずに痛み止めとしてブロック注射と呼ばれる痛み止めの注射を打ってもらう人は結構多いそうです。

 

整形外科へ通っていた時も、「ブロック注射の方」と呼ばれていた人も結構いたと記憶しています。

 

しかしこのブロック注射にしても一時的に痛みを軽減させるもので、腰痛の根本的な原因を治すものではありませんので、どうしても腰痛が耐えられない時の一時的な治療と考えていた方が良いと思います。

 

上の5つ以外にも腰痛に効くとしていろいろな方法が紹介されていますが、自分の腰痛がどの程度のものかという事を分かった上で対応しなければ、逆効果になってしまうという事を十分理解しておきましょう!

 

腰痛がひどい様であれば、一度は専門の病院へ行って詳しく調べてもらった方が良いでしょう。

 

→ ブロック注射について